トイレがつまった

水回りのトラブルで多いのがトイレのつまりです。トイレはすべてを流してくれるものですが、時につまってしまいます。トイレがつまると水が流れていきません。逆に水が溜まっていきます。逆流しているのではと思うように溢れ出してしまい、ともするとトイレはおろか部屋にまで水が浸食していくでしょう。

流れなくて困るのは言うまでもありませんが、衛生的にも好ましいものではありません。トイレがつまる原因はいくつかありますが、端的に言えば流れないからこそ起きる問題です。
ではなぜつまるのかといえば、トイレットペーパーではなくティッシュペーパーを流すことによって起きるケースがとても多いです。トイレットペーパーを切らしてしまっていたのでティッシュペーパーで代用することは避けた方が良いでしょう。ティッシュペーパーはトイレットペーパーのように水溶性ではありませんので、水に触れても溶けません。

トイレットペーパーであれば徐々に溶けていきますので流しても次第に消えていきます。そのためつまらないのですがティッシュペーパーの場合、溶けないので時間の経過にかかわらず、いつまで経ってもつまりが改善されません。
確かに一度に大量のトイレットペーパーを流した場合でもトイレつまりが起きるケースはあるのですが、次第に水に溶けていきますのでトイレットペーパーが原因のつまりであれば改善されます。

 

 

水が止まらない

 

つまりとは逆に、水が止まらないというトラブルに見舞われるケースもあるのではないでしょうか。トイレを流したものの、ずっと流れっぱなしになる。そのうち終わるだろうと思っていたものの、延々と水が流れていていつまで経っても止まらない。水道代の問題だけではなく、不快感も出てくるでしょう。

なぜトイレの水が止まらないのかといえば、簡単に言えば水が漏れているからです。
トイレは水を一定量を貯めておこうと機能するのですが、水が漏れていればトイレとしては貯めておかなければならない一定量にならないので、結局は水が止まらずに流れるのです。漏れている部分が分かれば良いのですが、どこから漏れているのか分からないケースは厄介です。

どこから漏れているのか分かればこの問題はすぐにでも改善出来るのですがどこから漏れているのか分からない場合、自分自身だけで改善するのは難しいので水道業者を呼ぶなど知識のある人に見てもらうと良いでしょう。
分からないのに自分であれこれ考えても原因を突き止めるのは難しいですし、仮に原因を突き止めたとしてもそこからどのように対処すべきなのかまでは分からないものです。トイレのつまりといった水回りのトラブルは業者に依頼すればその場で改善してくれるので話も早いですよ。